自宅を貸してロングステイ

ご自宅の賃貸収入を元手にロングステイを・・・発想の転換です

ご自宅の家賃収入と年金を加えた金額は、物価の安い海外では、数倍の価値に変わります。年金がなくても十分ですが、家賃収入と年金をあわせて、物価の安い海外で楽しく暮らす新しい生活スタイルがこれから始まります。

イラスト
いくらで貸せるか家賃査定はこちら

自宅を貸す場合の注意点!

海外生活に馴染めず「自宅に戻りたくなったら・・・の場合」も考えましょう。

海外で暮らすということは、常に「日本に戻りたくなったら?」「・・・・戻らなくてはならなくなったら?」ということを考えて、その帰国時に「自宅がすぐに使える」運用方法を検討することが大切です。

日本の借家制度では、入居者保護が原則です。入居者の住む権利(居住権)が優先され、家主からの解約は原則認められません。認められても、相応の立退き料が必要になるケースが多く、、ロングステイ期間中の賃貸は、「一時使用契約」または「定期借家契約」を選択されるべきでしょう。テンポラリーハウスの留守宅運用システムなら、お好きな期間だけ賃貸可能!そして、海外生活に馴染めなかったときでも、自宅に戻れる短期サイクルの運用方法は他にはありません。安心して、ロングステイライフをお楽しみください。

↑このページのトップへ