海外ロングステイの魅力

研究テーマは「健・食・遊・住」海外ロングステイ生活を楽しもう

 

 
dc062917.JPG  
 
  1.jpg
 

  2.jpg

 

ロングステイは、海外に長期滞在して「現地の住人となり日常生活を営む」新しいライフスタイルです。これまでの観光旅行とは大きく異なり、海外での生活を通して異文化に触れ、人々との交流やさまざまな活動を行うことで、日々刺激のある生活を送り、多くは現地社会へ貢献するなど「生きがいを探求すること」を目的とされています。第二の人生を新しい環境のもとで暮らすことにより、「遊ぶ」「学ぶ」「楽しむ」「ふれあう」「発見する」「知識や技術を教える」・・・など、個人のライフスタイルに合わせた自由な選択ができることもロングステイの魅力といわれています。一方で、日本の社会経済環境の危機ともいわれ るこの時代を背景に、退職金とわずかな年金での暮らしに余裕を見出す手法として物価の安い海外で暮らす「経済疎開」の一面もあります。このように第二の人生を海外にまで視野を広げる時代が幕を開け、間もなく団塊の世代が定年を迎える数年後には、急激にそのニーズは膨らむに違いありません。 定年退職をもってようやく手にする由な時間を「どう過ごすか」というより「いかに楽しむか」という目的を見つけていただくためにこのホームページがお役に立てば幸いです。

海外ロングステイのメリット

  1. 一般的に外国では物価が安く「経済的なメリット」がある。
  2. 自分に適した気候のもとで「健康に暮らせるメリット」がある。
  3. 語学学習など刺激を「脳を活性化させるメリット」がある。
  4. 現地生活を通して「生きがいを発見」することができる。

海外ロングステイの方法

  1. 永久権を得て移住する。
  2. リタイアメントビザを取得し、長期滞在をする。
  3. 観光ビザで年間海外を行き来する。
  4. ビジネスビザ、学生ビザを取得する。

などありますが、中でも、リタイアメントビザを利用して、長期滞在される方が増えています。リタイアメントビザは、オーストラリア、タイ、マレーシア、フィリピン等が一般的です。

ロングステイ候補地の選定

「物価が安い」「治安が良い」「気候が良い」「医療制度が整っている」「自然が美しい」「英語圏(理解度から)」「対日感情が良い」「設備が整っている」「非居住者への優遇制度(税制、ビザ等)」などを考慮し、自分のライフスタイルにあった地域を選定しましょう。

↑このページのトップへ